空から北海道の大地を眺める!飛行機での旅

移動時間を短くしながらアイポイントを変えてみる

北海道の広い大地は魅力的ですが、移動時間が長くなりがちです。移動時間に駅弁等や景色を楽しむこともできますが、北海道ならではの見どころやグルメをもっと楽しむために、移動に飛行機を選んでみてはいかがでしょうか。
例えば、札幌から函館まで移動する場合、特急列車で約4時間、高速バスで約5時間20分かかります。しかし、飛行機を使えば丘珠空港から函館空港まで約50分で移動することができます。市内中心部から空港までの移動時間を含めても約2時間半です。これで、函館市内の観光先をもう1個増やせるかもしれません。
しかも、高いアイポイントから北海道の大地を眺めることができます。湖や山といった自然を上空から眺めつつ、着陸する街の空中散歩も楽しめます。北海道の広さを、改めて実感できるでしょう。

早めの予約と手荷物サイズのチェックをお忘れなく

北海道内を相互に結ぶ航空便は、ジェット機と比べ定員が少ないプロペラ機で運航されています。丘珠空港発着便と函館~奥尻便には定員36名程度の機材、新千歳空港発着便には定員75名前後の機材が主に使用されています。曜日や時間帯によっては、普通運賃を含めて早期に満席になる場合があるので、早めに旅行プランを考えて航空券の予約を行うことがポイントとなります。グループ旅行の場合には、全員が早期予約割引運賃で購入できない場合も考えられるので、その際の打ち合わせも大切でしょう。
定員100名未満の機種のため、機内に持ち込める手荷物のサイズは縦・横・高さの合計が100cm以内となります。気持ちよく飛行機の旅を楽しむためにも、キャリーバックは預ける方向で考えるとよいでしょう。

世界遺産の知床ツアーは自然を思い切って楽しむツアーです。日常、都市生活で疲れた分自然の中でリラックスしましょう。