雄大な北の大地を味わう!道東と道央の旅

定番の北海道グルメを楽しむなら、道央エリア

北海道旅行の楽しみの一つといえば、やっぱり「グルメ」!
広大な大地に育まれた農産物や豊かな海の海鮮など、とにかく食材にはこと欠かない北海道。そんな北海道の中でも、特に道東と道央地域は豊かな食材に恵まれたグルメ豊富なエリアです。今回は、道東と道央のいろいろなグルメをご紹介していきます。
まずは、北海道の中でも広大な畑や農場の多い道央地区のグルメから。道央地区では農業や畜産が盛んなため、野菜や肉類・乳製品などを利用したグルメが比較的多いという特徴があります。
そんな道央でのグルメの定番といえば、札幌市発祥の「札幌ラーメン」。コーンやバター、野菜などを盛りだくさんにトッピングした札幌ラーメンは、北海道のグルメそのものといえます。北海道旅行へいったら、ぜひ一度は食べておきたいですよね。
ほかにも道央地区には名物のジンギスカンや、スープカレー、ちゃんちゃん焼きなど外せない定番グルメが沢山ありますよ!

道東地区は北の海からの贈り物の宝石箱!

そしてオホーツク海など豊かな北の漁場に恵まれた道東エリアでは、豊富な海産物を生かしたグルメが多いことが特徴です。
そんな道東の海の幸をそのまま味わえるグルメとしておすすめなのが、「勝手丼」。勝手丼とは、市場などで自分の好きな海産物などの具を選ぶと、そのまま調理して丼にしてくれるというもの。丼一杯に好きな具を目一杯乗せて、北海道の海の幸を味わい尽くしてはいかが?
もう一つ道東地区でぜひおすすめしたいのは、サロマ湖のホタテと厚岸町のカキです。サロマ湖のホタテも厚岸のカキも、身が大きく肉厚でプリプリとした歯ごたえ!味も濃厚で栄養豊富です。ぜひ本場の新鮮なホタテやカキを味わって見てくださいね。
他にも道東には羅臼のカニや帯広の豚丼、根室のエスカロップなど北海道ならではのグルメが目白押しです。海産物や農産物が美味しくなるのは秋から冬にかけてのシーズンなので、グルメを狙うなら冬の旅もおすすめですよ!

戦前、貿易港として、またニシン漁の拠点として繁栄した小樽。小樽には当時の近代的な建物や運河が、そのままの姿で残っています。そのノスタルジックな雰囲気を味わうことは小樽旅行の楽しみのひとつです